道家道学院 埼玉<道>学院は、気のトレーニングを通し皆様の心とからだの健康をサポートします。

タオの学校 道家道学院 埼玉<道>学院 アクセスマップ

道家道学院 埼玉<道>学院TOP > タオの学校 道家道学院 埼玉<道>学院 アクセスマップ

浦和は埼玉県の県庁所在地として多くの人が集まる街。

大変活気があり、それでいて文教都市らしい落ち着きもあります。
交通の便も良く、伊勢丹、パルコなどのデパートから古くから続く個人店まで、お買い物にも便利です。

気のトレーニングでスッキリした後は、ショッピングや、ランチも…。楽しく通っていただけます♪



  道家道学院 埼玉<道>学院

住所 〒330-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-10-15 LAPUTA V5階
近くにコインパーキング有り
電話番号 / (携帯・PHSからもOK!)
最寄り駅 東北本線浦和駅より徒歩8分
予約 入学説明会のスケジュールを見ながらお申込いただけます。


JR京浜東北線・高崎線・宇都宮線・新宿湘南ライン
「浦和駅(西口)」下車 徒歩8〜10分


JR浦和駅西口、気のトレーニングの最寄駅 湘南新宿ラインも停車するようになり、益々便利になった浦和駅。
現在、駅は改装中でどんどんキレイになっています。
        ▼
JR浦和駅西口前 駅前は緑が清々しい。
季節によってはライトアップされます。
        ▼
浦和駅西口前の人気のうなこちゃん像 浦和駅西口正面の気になる像は
「うなこちゃん」!
うなぎで有名な浦和のマスコットキャラクターで
子供に大人気のアンパンの作者、やなせたかしさんのデザインです。
        ▼
JR浦和駅西口の浦和伊勢丹 駅を出て右方向へ。
いつもお買い物客で賑わう浦和伊勢丹があります。
        ▼
JR浦和駅西口伊勢丹前 小さい信号を渡って伊勢丹に沿って左へ。
        ▼
浦和伊勢丹と浦和コルソの通路の入り口 伊勢丹と浦和コルソの間に通路があるのですが、そこを利用する方が多いのです。
        ▼
浦和伊勢丹と浦和コルソの通路 通路を抜けると…
        ▼
浦和駅西口伊勢丹を抜けたところ お店が沢山見えてきました。
このまま進行方向(右手の方)に進みます。
        ▼
浦和のイトーヨーカドー 突き当りはイトーヨーカドーです。
家族連れの方が多く利用されています。
        ▼
浦和の商店街。 浦和の商店街です。
いつもたくさんの方が通るにぎやかな通りです。
浦和は新旧の個人店も多く、なんとなく懐かしい感じ。
        ▼
浦和レッズサポーター御用達の居酒屋力(りき) 商店街の途中には浦和レッズサポーターが集まることでも有名な人気の居酒屋力(りき)もあります。
サッカーの試合が行われる日は特ににぎわっています。
        ▼
商店街と旧中山道の交差点にあるローソンと吉野家 商店街を進むとそこは旧中仙道。
ローソンと吉野家のある四つ角を右折して旧中仙道沿いに進みます。
        ▼
旧中山道沿いの浦和レッズダイヤモンドオフィシャルショップレッドボルテージ 左手には浦和のレッドダイヤモンドのオフィシャルショップ 
レッドボルテージもあります。
        ▼
埼玉県内の方に人気のおススメホテル。サッカーのサポーターの出待ちでも。浦和ロイヤルパインズホテル 浦和レッズのお店をすぎてすぐ、仲町交差点の角には浦和ロイヤルパインズホテルが。
埼玉スタジアムでサッカーの試合がある時はサッカー選手が宿泊するため、サポーターが集まります。
        ▼
3Fにうらわ美術館がある浦和ロイヤルパインズホテル正面入り口 3Fにはうらわ美術館も入っています。
レストランのバイキングが人気でたくさんの方が利用されています。
        ▼
浦和ロイヤルパインズホテル横 仲町の信号角を左折、ロイヤルパインズホテル沿いに進みます。
        ▼
浦和ロイヤルパインズホテル過ぎたファミリーマート 次の信号が見えました。
右手にはファミリーマート。
信号を渡って更に進みます。
        ▼
埼玉道学院の入っているLAPUTA Vビル(ラピュータVビル)
1Fは鉄板焼ステーキのお店M's Rou(エムズロウ) 埼玉道学院の入っているLAPUTA Vビル(ラピュータVビル)が見えてきました。
1Fに入っている鉄板焼ステーキのお店M's Rou(エムズロウ)さんの旗が見えます。
        ▼
LAPUTA Vビルの入り口 こちらがビルの入り口です。
(M's Rouさんとは入口は別になっています。)
        ▼
LAPUTA Vビルの入り口(2) 入口を入ってエレベーターで5Fへどうぞ
        ▼
5Fの埼玉道学院入り口 エレベーターを降りたら右側にすぐ入口のドアがあります。
お疲れ様でした。
どうぞお入りください。


▲ページトップに戻る