痴漢やストーカーの深刻な被害から解放された | こんなに変わった!受講生の声・評判

「こんなに変わった!」受講生の声・評判
痴漢やストーカーの深刻な被害から解放された

TOP > こんなに変わった!受講生の声・評判 > 痴漢やストーカーの深刻な被害から解放された

こちらでは埼玉道学院に通っていらっしゃる受講生の声・評判を
随時更新ご紹介しております。

痴漢やストーカーの深刻な被害から解放された

埼玉県 44歳 女性

子供の頃から痴漢に悩まされる

私は子供の頃から満員電車に乗ると必ず痴漢にあっていました。

背も高く、大人っぽい顔立ちだからかな?とか子供ながらに色々と悩みながらも、
満員電車にはたまにしか乗らないので自然と忘れてしまい、
また満員電車に乗ると痴漢にあい嫌な気持ちになるという事を繰り返していました。

大人になってからも相変わらずで、満員電車に乗ると必ず痴漢にはあっていました。

変な男性からもよく声をかけられるようになったり、
しつこくされたりする事が増えていき、
友達に相談すると「それってモテてると自慢しているの?」と言われたり、
親には相談など出来ず本当に辛い気持ちになる事もありました。


勤め先で出会った男性がストーカーに

私が社会人になってからのある日の事ですが、
働いていたお店にお買い物に来た男性がいました。
体の大きな方でとても紳士的な方だったので、割と印象には残っていました。

またしばらくするとお買い物にいらっしゃり、
だんだん回数も増え、自然と普通にお話をするようになっていました。

そんなある日、そのお客様からお食事に誘われる事がありましたが、
丁寧にお断りをしました。

またしばらくすると、お食事に誘われお断りをする
という事が何度となく続いていきましたが、
最初の頃はお断りしても普通の態度でしたが、だんだん態度が変わっていきました。

お断りをするとムッとしたり怒った顔つきになったり、
口調もしだいに強い言い方や、脅迫じみた言葉を出すように変わっていき、殺気すら感じるようになっていきました。

そしてしばくらくすると、ぱったりといらっしゃらなくなり、ホッと一安心かと思いきや、今度はお店に毎日のように電話がかかってくるようになりました。

お断りをすると、まるで脅されているかのような口調になり
私はだんだんとノイローゼ気味になっていき、仕事に行くのも怖くて仕事中も神経がおかしくなりそうな状態になっていました。


エスカレートしていくストーカー行為

当時、私は1人暮らしをしていたのですが、
仕事が終わり帰宅すると玄関の所にプレゼントと花束とお手紙が置いてありました。
なんだろうと思い開けてみるとそのお客様からでした。

どうやって調べたのかは分かりませんが、家まで知られてしまっている事が分かり、
怖くて怖くて手足の震えがとまりませんでした。

そして次の日は私が乗ってる車にプレゼントとお手紙が置いてありました。
怖くて涙は出てくるし、手足は震え頭が真っ白になり、
仕事に行くのも怖くなりお休みをして実家に帰る事にしましたが、
あまりの恐怖に心身ともに固まり、親にも相談出来ず1人で苦しんでいました。


逃れられないストーカー行為の恐怖

しばらく仕事を休み、実家にいたので、何事もなく普通の生活に戻っていきました。

私はもしもの事を考えて、実家から歩いて30分近く時間のかかる所に駐車場を借り、そこに自分の車を止めておく事にしていました。

ところが、ある日また車の所にプレゼントと花束とお手紙が置いてありました。

逃げても逃げても探されてしまい、「もしかしたら私は殺されるのではないかしら」と思うようになり、
警察に届け出に行きましたが、特に事件が起きているわけでもないし、何もされてもいないからと、 まともには取り合ってはもらえませんでした。

それからもどんどん行動はエスカレートしていき、
出掛けるといきなり現れたり、追いかけられて交番に逃げ込むという事が何度となく続き、 家にいても雨戸を締め切り、震えあがり恐怖で全く眠れない日々が続いていきました。

様子がおかしくなっている私を見て、親が心配をしてくれ、
やっとの思いで洗いざらい話をし、もう一度一緒に警察に行ってくれることになりましたが、 やはり以前と警察の対応は、変わりませんでした。


何かが変わると感じた導引術との出会い

外を歩いていても家にいても、物音1つに物凄く反応してしまい、
何もかもが怖くて怖くて夜も全く眠れなくなりました。
生きた心地はなく、最悪は殺すか殺されるか、という事すら考えてしまうまでの精神状態にまでなっていました。

誰も助けてはくれないし警察も当てにはならない。
私の人生はいったいどうなってしまうんだろうか・・・。

なんの光も全く見えない日々が続いた中、
「気」にはなんとなくだけども、興味があった私は一冊の「気」の本を見つけました。

読んでみると不安を解消するという導引術がイラストで載っていました。
早速買っていき家でやってみると、不思議と心がスーッと楽になりました。

「なんだろう、この開放感 久しぶりだな。 こんな穏やかな気持ちになるなんて、もしかして導引術なら何かが変わるかもしれない」と思い早速スタジオに習いに行く事にしました。

実際に習ってみると思った以上に心身ともに気持ちがよくて、
その日は久しぶりに熟睡をすることができました。
そして、心の悩みにも良いという洗心術講座にも参加させて頂く事にしました。


洗心術で本当の気持ちに気付いてからの変化

初めての私の質問はストーカーにあっているという質問でしたが、
その時返ってきた先生のお話は「陽気になりな」でした。

陽気・・・?!

今まで生きてきて「陽気」とか、あまり使った言葉でもなく、
ストーカー問題と何の関係があるのかすらサッパリ分からず
私にとっては意味不明なまま終わってしまいました。ですが、その日帰ってから不思議な出来事がありました。

夜の導引術をやっていると、全く記憶になかった本当に小さい頃の光景が、
私の頭の中に、まるでモノクロの映画でも見ているかのように映し出され、
その頃の感情が蘇ってきました。

その光景とは、私の家は親が仕事がとても忙しくて
私は物心ついた頃からほとんど家には1人でいるという環境で育ちました。

夜も1人だったので寂しくて泣き疲れて、
いつの間にか眠るという中で育ってきました。

その頃の泣きじゃくっている子供の頃の自分の姿が頭の中を駆け巡りだしたのです。

私は涙がとまらなくなり、もの凄い大声で泣きじゃくってしまいました。
涙は何日も続きましたが、不思議と体がドンドン軽くなり体重も減っていきました。

思う存分泣きたいだけ泣いたら、本当に心身ともに軽くなりスッキリとしてしまいました。

そして二度目の洗心術を受けた時、私は先生に「寂しかった事に気付きましたと」お話をしたら
「今頃 気付いたの」と先生からのご指導を頂きました。 先生は最初から私の寂しい心をお見通しでしたが、本当に温かく優しくお話をして下さいました。

そして寂しくてしかたがなかった心は、
涙とともに無くなり、涙も出なくなった頃に、自然と目がパッチリとした二重に変わっていました。

導引術を習う前の顔を写真で見てみると、本当に寂しそうな目つきをしていましたし、寂しい心は「陰気」な心なんだなという事がようやく分かりました。

自分が陰気だったから陰気なもの、ストーカーを引き寄せてしまっていたんだという事も、やっと分かるようになっていきました。

今では顔つきも明るくなり、気付いたら自然と痴漢にもあう事もなくなり、
いつの間にかストーカーともプッツリと縁が切れてしまいました。

本当にあの頃の事が嘘のように毎日を明るく楽しく過ごしています。

(※効果や感じ方には個人差があります)


|2013年2月07日|道家道学院 埼玉道学院

<<前の記事学校に一人で行けない小学生の息子>>
「こんなに変わった!」受講生の声・評判一覧へ

入学説明を予約 お問合せ・資料請求