酒風呂の入り方、効果をあげるためのワンポイントと注意事項をご確認下さい
[an error occurred while processing this directive]

酒風呂の入り方・注意点

TOP > 酒風呂の入り方・注意

酒風呂の入り方はとても簡単です。
酒風呂をより効果的に楽しむためのポイントや入浴時の注意事項などをご紹介しております。

皆様のお体に合わせた酒風呂の入り方などをお知りになりたい方は、
埼玉道学院 TEL:048-827-3888 までお気軽にお問合せ下さい。

  酒風呂の入り方

導引は中国が発祥

  1. 家庭用の浴槽に、いつも入浴するのと同じ湯量、温度でお風呂を沸かします。
  2. 自分の好みの湯加減になったら、日本酒5合(0.9リットル)を湯船に入れ、よくかき混ぜて入浴します。
  3. 体が温まったら、いつもと同じように湯船の外に出て体を洗います。再び湯船につかって温まり、温まったと思ったらあがります。

★酒風呂ワンポイント★

ふつうのお風呂と同じように家族全員が順番に入ってかまいませんが、酒風呂は洗浄力が非常に強いので、お湯の汚れがひどくなります。
入り終わって数時間すると、お湯が黒ずんだ乳白色になります。
汚れがひどい場合は一日でお湯を捨てましょう。
何日か酒風呂に入れば汚れが少なくなります。
そうなったら次の日、もう一度沸かして、酒を0.5リットル加えればまた使えます。
ただし、これも二日間が限度です。

簡単な酒風呂ですが、人によっては刺激が強すぎるため、避けた方がよい場合があります。
詳しくは、
「酒風呂入浴時の注意事項」 をご確認ください。

また、より酒風呂を楽しむための日本酒の選び方があります。

  酒風呂入浴時の注意事項

酒風呂ワンポイント

  1. お湯の温度は好みの湯加減でよいのですが、あまり高温だと体によくありません。 ふつうのお風呂と同じように、42度くらいまでが理想的。
    最初はぬるめのお風呂にしておき、だんだん温度を上げていく方が体にはよいでしょう。
  2. 皮膚病、ぜんそく、リューマチ、糖尿病、高血圧、心臓疾患などの病気をお持ちの方には刺激が強い場合があります。

    お体にあった入浴方法を紹介いたしますので、
    道家道学院 埼玉道学院(TEL 048-827-3888)まで
    お気軽にお問い合わせください。

道家道学院埼玉道学院では、3人以上の方が集まれば、酒風呂に関する講習会を
無料で開催しています。
例えば、会社で社員の皆様の健康教育に、お友達同士で簡単な美容教室で、
子供会でイベントに、お気軽にお申し込みください。

■道家道学院 埼玉道学院(TEL 048-827-3888)

酒風呂用日本酒の選び方


 



▲ページトップに戻る